「稼げれば何をやってもいい」これおかしくないですか?

踏み絵のごとく罪悪感を増大させていくビジネスが蔓延

そのビジネス、家族に堂々と胸を張って誇れますか?

救世主が現れました。

今のネットビジネスの稼ぎ方に

”違和感”を感じないですか?

まるで「稼げれば何をやってもいい」という

ような風潮が今業界で蔓延していると思います。

騙しや押し売り、甘い言葉、嘘の約束、泣き真似、

実績偽造、スパム推奨、規約違反推奨などなど・・・

は当たり前。

そしてそれをそのまま信じてビジネスをしている人は

アカウント停止や苦情をもらい、心の奥で罪悪感を

感じながら日々苦行のように作業をしています。

そもそもお金の不安をなくすためにビジネスを始めたのに、

今やそのビジネスをしている事自体が不安の温床になっている。

という方もきっといるのではないかと思います。

これ、おかしくないですか?

本来ビジネスというものは、お客様からいただける

「感謝」の量に比例してお金をいただけるものなのに、

今やそれが崩壊しかけていて、お客様からもらう

「落胆や悲しみ、さらには怒りや恨み」の量に比例して

お金を稼ぐというねじ曲がった構図に成り下がっています。

「大金を稼ぐためには、そうしたグレーな方法もしょうがない」

という今の風潮に正直、嫌気が刺します。

それと同時になんだか悲しい気分になります。

だから、現在の情報業界に蔓延している、

この淀んで黒く重たい空気を、

どうにかして払えないか、と思っていました。

本来のあるべき真っ当なビジネスの姿、それは

真の価値提供をし、お客様に喜ばれて、感謝されて、

その上で自分も大きなお金を短期間で稼ぎ豊かに

なれるビジネス。

家族にも、恋人にも、友人にも、周りの人にも

胸を張って堂々と誇れるビジネス。

そんな、現在罪悪感を感じながらビジネスをしている人も、

それを受け取るお客様も、全ての人が救われるビジネスは

ないかと自問自答をしていました。

そしたら、なんと、私と全く同じようにこの業界の

危機感を感じ、現在業界に蔓延する「闇」を払い

これらの全て問題を解決しようと立ち上がった人が

遂に現れました。

今やネットビジネスという業界を超え、

世界中で大活躍されている井口晃さんです。

http://directlink.jp/tracking/af/1402079/ERrH6PKF/

今回の井口さんのプロジェクトの内容を見た時、

「救世主が現れた…」と冗談抜きに感じました。

この壮大なプロジェクトで、おそらく多くの方の

『運命』が変わり、そして救われると思います。

是非あなたも確認してみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1402079/ERrH6PKF/